合言葉は、今こそ!市民力―神奈川ネット2014年新春のつどい

2014年1月17日 23時57分 | カテゴリー: 平和・人権・多文化共生

 1月16日、横浜市中区のワークピアで神奈川ネットワーク運動の新春のつどいが開催されました。今年は、神奈川ネット、ネット鎌倉ともに設立30周年の節目の年となります。毎年多くの来賓にお越しいただきますが、今年は例年以上に多様な市民団体の皆さんが集ってくださいました。被災地の復興支援、若者の就労支援、コミュニティでの拠点づくり、市民エネルギー創出の取組み…それぞれの活動の場からの熱意にあふれたメッセージを頂戴しました。

ネット海老名の三宅良子さんと司会を務めました。締めている帯は、タイ北部の農村地帯で織られた布を仕立てもらったものです。着物が好きですが、タイ、ラオス、インドネシアの布にも目がない!

 外国籍の人たちと地域で共に生きる「多文化共生」をめざすネットワーク、「ビビンバネット」の皆さんも参加されました。神奈川県には16万人の外国籍の人たちが暮らしています。多様な文化は地域の豊かさですし、多様性を認め合う社会は、誰にとっても暮らしやすい社会だと思います。ビビンバネットの参加団体のひとつ、(公財)横浜YMCAは、私が社会人として務めた最初の職場です。同ネット代表の田口努・横浜YMCA総主事は私の1年先輩で、旧交を温める機会ともなった新春のつどいでした。