鎌倉市がナッシュヴィル市と民間交流主体の都市提携

2014年9月22日 09時00分 | カテゴリー: 市民参加&市民活動

9月20日は奇しくもディーン市長のお誕生日

鎌倉ナッシュビル友好協会代表 坂麗水さん挨拶

 9月20日、鎌倉市とテネシー州ナッシュヴィル市のパートナーシップ・シティ締結の調印式がとり行われました。ナッシュヴィル市からは、カール・ディーン市長をはじめとして20数名の訪問団が来鎌。午前中の調印式に引き続き、午後には記念レセプションが開催されました。従来の姉妹都市提携では行政が交流の主体であるのに対し、パートナーシティ制度は、市民主体の自主的な交流を促進することを目的とした新しい形の都市提携です。鎌倉ナッシュヴィル友好協会が「3年以上にわたって対象都市の民間団体と交流実績を有する」という要件を満たしてパートナーシティ団体に正式に認定されたのを受け、両市の間で提携合意の締結に至ったものです。
 カントリー・ミュージックの中心地であるナッシュヴィル。“全米きってのMusic Cityと市民交流が盛んなまち”ということが、鎌倉市の多様なアイデンティティのひとつに加わったのは嬉しいことです。協会の皆さんの粘り強い活動の賜物です。レセプションではナッシュヴィルからの訪問団の方達のお話を伺い、日本企業の拠点、工場があるなど経済的なつながりが深い都市であることがよくわかりました。