鎌倉市議会、安全保障関連法案の撤回を求める意見書を可決

2015年7月2日 00時07分 | カテゴリー: 議会活動(質問ほか)

意見書提出議案の賛否等の一覧

7月1日の鎌倉市議会6月議会最終本会議で、安全保障関連法案の撤回を求める意見書が可決されました。意見書議案の提出者は、保坂、赤松議員、千議員、三宅議員、竹田議員です。
安全保障関連法案の撤廃を求める意見書
 
 議案審議は、多くの市民に傍聴していただきました。採決の結果は、賛成13、反対10、退席2(一覧参照)。「慎重審議を求める」ではなく、「法案の撤回を求める」という文言で可決させることができたのは大きな成果です。様々な場から、安全保障法制の改変は許さない、という声を上げていきたいと思います。