鎌倉市地区別危険箇所マップ

2016年8月28日 12時04分 | カテゴリー: 防災

8月26日付で鎌倉市のホームページに「地区別危険箇所マップ」が掲載されました。
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/sougoubousai/tikubetukikennkasyo.html

市内を6つの地区に分けて、風水害、土砂災害、地震、津波などの危険箇所が記載されています。
市域全域を表示した「かまくら防災読本」のハザードマップ(土砂災害については3分割)に比べると、約7000分の1と縮尺が大きいので、自宅や日中過ごす場所近辺の危険箇所の把握が容易です。
ちなみに、わが家のエリアは南東部地区版にあり、内水はん濫浸水想定区域にかかっていることがわかります。
防災読本に掲載されている避難所・避難場所等の一覧は、掲載されていません。「わが家の災害対策」として、最寄りの避難所等を各家庭で地図や表に記入するようになっています。
なお、防災読本に載っていない危険箇所で今回のマップに加わったのは、土砂災害警戒区域・同特別警戒区域(土石流)です。

お住まいの地区の地区別危険箇所マップは、広報かまくら9月1日号と同時に各戸配布されるとのことです。
各災害の危険が迫った時の判断基準などの解説も載っており、たたむと15㎝×21㎝のハンディ・サイズですので、各家庭での避難のシミュレーションに活用し、また、いざと言う時に使えるように保管していただけるとよいと思います。
御自宅の地区以外のマップは、上記の市のホームページで確認できます。img170