「NIGHT WAVE ~光の波プロジェクト~ in 鎌倉」初日は閑散と

2016年11月21日 23時56分 | カテゴリー: 活動報告

逗子市で開催されたNIGHT WAVEについては、リンク先facebookの10月10日の投稿で報告しました。今夜11月21日から3日間にわたり、鎌倉の由比ガ浜での開催です。https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kankou/nightwave1.html

時折小雨がぱらつくあいにくの天候の初日、午後6時過ぎに由比ガ浜海岸に見に行きました。第一印象は、海岸の暗さ。逗子では134号線沿いに並ぶ飲食店の照明が煌々としていたこともありますが、砂浜に屋台が並び、砂上にキャンドル・アートが綺麗に灯り、家族連れを含む人出もまずまずで、暗い印象はありませんでした(facebookに写真掲載)。

LEDに照らされた波打ち際

LEDに照らされた波打ち際

由比ヶ浜では、屋台もキャンドルもない静かな砂浜に、暗さに目が慣れて見わたしたところ、20名ほどの人出でした。波が小さかったため、ブルーの光に染まる波頭の幅が狭くて、キラメキ感は地味目(実は、逗子の時もそうでした)。

11月下旬の気温では、NIGHT WAVEを見たら暖を取ってください、ということなのか、鎌倉・長谷エリア飲食店の「チョイ呑みイベント」とタイアップの企画です。小町通の入り口では、黄色い法被の皆さんが「チョイ呑み」の共通券を売っていました。

NIGHT WAVEの開催目的は、上記の市のホームページに書かれています。国の地方創生加速化交付金を10割使って、鎌倉市が県、逗子市、三浦市、葉山町と広域連携して行う三浦半島魅力最大化プロジェクト(県・3市・1町の予算総額約2億3千万円)の一環である鎌倉市のNIGHT WAVE3晩の開催予算は642万円です!明日、明後日の人出が気になります。実施の効果の検証は如何に?
CIMG2337